バージンロード

バージンロードとは、結婚式の場として用いられるいわゆるチャペルの入り口から祭壇までの「清らかな道」を象徴する通路を意味する和製英語で、花嫁の純潔を象徴して生まれた言葉です。 プロテスタントの教会では白い布が敷かれることが多く、カトリック教会では赤や緑色の布が敷かれる場合が多いようです。 教会で行われる結婚式において用いられる場合は、新郎・新婦、また立会人や両親が歩くことを許され、参列者は壁に沿って入場することがマナーとされています。 バージンロードは、今まで歩んできた道にも例えられます。家族と歩んできた道を結婚式の当日に父と進み、神の前で新郎に出会い、そして未来への道に進む。
入場する時は「神の前で二人が出会うための道」そして退場の時は「新しい人生の第一歩を踏み出す道」となる深い意味があります。

千葉県木更津市・君津市のブライダルフェアに行くならエルシオン KISARAZU

ブライダルフェアに千葉県で行くならエルシオン KISARAZU。美味しいお料理のご紹介やドレスの試着でプリンセス体験も。お得なプランのご案内も致します。