讃美歌と愛の聖句

讃美歌(さんびか)とは、キリスト教において、礼拝や集会等で歌われる、神をたたえる(賛美する)歌のこと。

結婚式で良く歌われる讃美歌312番「いつくしみ深き」は原題:What A Friend We Have In Jesus アイルランド人の作詞者が苦境の中でもイエスを信頼する気持ちを綴った詞として、今ではイエス=キリストを賛美する歌として世界中で歌われています。

司式者が祈りの最後に「イエス=キリストの御名において、アーメン」というのは、神の子と崇められる救い主イエスの名によって祈れば神に聞き届けられるというところからきています。

キレイで停めやすい駐車場作りはアークセル

空き家も更地も空き月極め駐車場も活用したいならアークセルパーキングへ。キレイで停めやすい駐車場に大変身。 賃貸経営より簡単・手間なし。

また結婚式の中で司式者が読む聖書に書かれた神の愛とは

コリントの信徒への手紙一 / 13章 4~7 愛は忍耐強い。愛は情け深い。ねたまない。愛は自慢せず、高ぶらない。 礼を失せず、自分の利益を求めず、いらだたず、恨みを抱かない。 不義を喜ばず、真実を喜ぶ。 すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてに耐える。 愛は決して滅びない。

ヨハネの手紙一 / 4章には「神は愛です。」

とあり、「愛」のところを「神」と置き替えて読んでみると、神様は本当に慈悲深い神です。

人間は神になることはできませんが、教会式が愛することを学ぶチャンスになると良いですね。

東京銀座の婚約指輪・結婚指輪ショップはシライシ

東京銀座で婚約指輪・結婚指輪をお探しならシライシがオススメ。広い店内には、婚約指輪(エンゲージリング)、結婚指輪(マリッジリング)、結婚○周年のアニバーサリージュエリーを豊富に取り揃え、それぞれに専門フロアを設けております。どうぞごゆっくりとリングをお選び下さい。
ウェディングドレスをまとって幸せオーラ全開で

自分のために、彼のために、ご両親のために、ウェディングドレスをまとって人生最良の一日を幸せいっぱい笑顔いっぱいでお過ごしください。
チャペル